瓦解する包茎神

2017 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫03

角は朱塗り、藻類、木酢液、カラビナ

2017/01/01(Sun) 23:44
IMG_6332.jpg





IMG_6344.jpg





IMG_6297.jpg





IMG_6358_20170101232935bcb.jpg





IMG_6333.jpg



薄暗い竹の格子に鴉の翼が衝突している。
写真とか コメント:0 トラックバック:-

ざら

2016/12/14(Wed) 02:10
IMG_6278.jpg



自分が何を考えているのかわからなくなってきたな、と感じる

好きなこともあるし嫌いなこともある

やりたいと思うこともあるし、やりたくないこともある

それに合わせて体もよく動く

が、なぜそんな気になっているのかわからない

わからないだけでそこに喚起される喜怒哀楽が空虚なものだとは思わない

真に嬉しいし、真に悲しいのだ

電池が入っていないのに動いているおもちゃのようだ

あるいは、関数になったんだろうか
写真とか コメント:1 トラックバック:-

森はたやすく

2016/11/16(Wed) 01:29


IMG_6197_201611160107160f1.jpg






IMG_6207_20161116010718717.jpg






IMG_6211.jpg






IMG_6216_20161116010721a35.jpg






IMG_6249.jpg






IMG_6231.jpg





IMG_6228_20161116010723900.jpg






IMG_6265.jpg



樹海に行くことがありました。

全てのものが苔生し朽ちていて、溶岩の土壌は生き物を遠ざけていて、

焦げついたカラメルのような足場に気を取られていると、すぐに自分がどちらへ進んでいるのかわからなくなる。

似たような景色が続くな、そう思いながら奥へ奥へ進んで行きたくなる、

通底する冷たい優しさが淀んでいる、奇妙な森でした。

恐らく再訪するでしょう、こんな予感は初めてです。

写真とか コメント:0 トラックバック:-

樹は海が如く

2016/11/15(Tue) 01:15
IMG_6175.jpg





IMG_6248.jpg





IMG_6187.jpg





IMG_6191.jpg





IMG_6250.jpg




ふさふさの苔は、濡れた毛布のようだった。
写真とか コメント:0 トラックバック:-
Next Home  Prev

プロフィール

3u

Author:3u
たまに写真とか撮って
悦に入るのが好きな人。

写真は僕を調節する、名医だった。
しかしだからこそ親友にはなれないのだろう。
目隠しで地雷原を走り抜け、生きて彼の地を踏んだ混乱のように、
今日も晴れている。

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: