瓦解する包茎神

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

触るる。

2012/03/13(Tue) 21:15
IMG_9971.jpg


下手にカメラを持って歩いていると、風景は流れるように過ぎてしまってさわるということがない。

そうなってしまうと現実感がなくなってしまう。

そんなんだったら家で誰かの写真みてればいい。

何より、聴こえない。

そう気づいてからはできるだけ手で、頬で、さわるようにしている。




照る太陽、斑入りの葉、錆びた鍬、仄暗い苔。

焼かれた石、臭う土、走るてんとう虫、雪解けの水。




IMG_9972.jpg
写真とか コメント:3 トラックバック:0
コメント:
----

逞しい木。
by: 水無月 * 2012/03/15 15:45 * URL [ 編集] | page top↑
--触れられる、世界。--


嗚呼、だから。
だから、初めて眼にしたときも、こうして、今も。
深く、深く、静かに、痛切な程に響くのだと、思いました。

この記事のお写真にしても、同じ。
私にとっては、貴方のお写真が、聴こえる、触れられる、世界そのものに映ります。
言葉より雄弁で、絵より彩り深く。
それでしか在り得ない、そんな、風に。
そして、だから、とても胸が痛くなりますし、とても、惹かれてしまうのです。

それでは、また、参ります。
此処に、触れに。

by: 緋褪 * 2012/03/14 14:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

ある日、『撮ろう』と思って行くとなにも心に残らないということを実感しました
だから、心に残ったことを撮ることにしました
撮った写真について、テーマのようなものができ始め、
それについて語ることができるようになりました

絵についても同じで、
描こうと思ってではなく、降ってきたものを描きます
by: fall7km * 2012/03/14 09:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://menhera3u.blog109.fc2.com/tb.php/425-9ad7e4d9
Next Home  Prev

プロフィール

3u

Author:3u
たまに写真とか撮って
悦に入るのが好きな人。

写真は僕を調節する、名医だった。
しかしだからこそ親友にはなれないのだろう。
目隠しで地雷原を走り抜け、生きて彼の地を踏んだ混乱のように、
今日も晴れている。

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。