瓦解する包茎神

2016 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

茫漠

2016/08/30(Tue) 01:32
IMG_5891.jpg


台風が近づいているらしい。

ゴウンゴウンを低い音を立てる甲板には、少し丸みを帯びてきた夏の日差しが濃い影を落とす。

ボルトでがっちりと固定されたステンレスのベンチに腰掛け、ぼーっとする。

波が彼方までフラクタルを形成し、壊す。

繰り返し繰り返し、壊す。


柵沿いには坊主頭の少年がいる。

強い風に手を伸ばしている、海に伸ばしている、あるいは空に、


水平線の向こうに太陽が蒸着する。

夜の海の底は、多分夜より暗いんだろう。

スポンサーサイト
写真とか コメント:1 トラックバック:-

amplify.

2016/08/11(Thu) 16:14
IMG_5715_20160811161422624.jpg


夏のスキー場は、草原だった。

床が斜めになった忍者屋敷のような抵抗に逆らいたくなって、走って登る。

草笛を吹く。

影が落ちている、チクチクする。
写真とか コメント:0 トラックバック:-
 Home 

プロフィール

3u

Author:3u
たまに写真とか撮って
悦に入るのが好きな人。

写真は僕を調節する、名医だった。
しかしだからこそ親友にはなれないのだろう。
目隠しで地雷原を走り抜け、生きて彼の地を踏んだ混乱のように、
今日も晴れている。

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。