瓦解する包茎神

2012 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 ≫03

偲ぶ。

2012/02/27(Mon) 10:41
IMG_8785.jpg

庭の梅の木を切った。



なぜか随分と早咲きで、毎年もう咲いたのかと驚かされ、

花を散らしたあとにはたくさんの実をつけ我が家に梅酒を提供してくれた。

ところが数年前から少しずつ弱り始めついには枯れてしまった。

放置していてもしょうがないし、その場所を花壇にしてしまおうということになり、切った。



その幹をみているとなにかに使えそうだと思ったのでとりあえず皮をはがすと

蟻がぎっしりつまっていた、このせいで枯れたのだろう。


端材で実のようなもの作り、風呂場の窓辺においた。

場所によっては結構しっかりしている、仏像でも彫ってみよう。


湯につかり、木のあった場所をぼんやり眺めていると、雪が降ってきた。

もうあの場所に梅は咲かない。
写真とか コメント:1 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

3u

Author:3u
たまに写真とか撮って
悦に入るのが好きな人。

写真は僕を調節する、名医だった。
しかしだからこそ親友にはなれないのだろう。
目隠しで地雷原を走り抜け、生きて彼の地を踏んだ混乱のように、
今日も晴れている。

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: